ブログで質の高い記事を作る方法とは?質の低い記事を量産するのは本当に無駄です!

質の高い記事

こんにちは。いたるです。

ブログで稼ぐノウハウで、とにかく記事を量産すべきだという話をよく聞くと思います。
「とりあえず100記事書け!」と言っているブログを目にしたことがあるのではないでしょうか?

確かに、記事をたくさん書くことはサイトの評価を上げる上で大切なことですが、
それは「質の高い記事」であることが大前提になります。

質の低い記事をいくら書いたところで意味はありません。

なので、「とりあえず100記事」ではなく
「サイトに訪れた人の心をつかんで離さない魅力的な記事をとりあえず30記事」
という考えでブログを書いたほうがよっぽど価値のあるブログを作ることができます。

今回は、質の高い記事とは何か、そして質の高い記事を書くにはどうすればいいかについて話したいと思います。

質の高いブログとは何か

先ほどから、何度も「質」という言葉を使っていますが、
じゃあ「そもそもブログの質ってなんだよ」って話になりますよね。

質の高い記事とはつまり、サイトに訪れた人に価値を提供できる記事になります。
なので、どんな時に人は価値を感じるのかを知らなければなりません。

では、ブログに訪れた人が一体何に価値を感じるかというと、
それは、そもそもなぜ人はキーワードを検索してブログに訪れるかを考えてみてください。

そればズバリ、

「悩みを解決するため」です。

悩みを抱えた人が、あなたのブログに訪れるのです。

人は悩みを解決するためにキーワードを打ち込んで検索し、
悩みを解決するためにサイトに訪れ、
悩みを解決するために記事を読み、
悩みを解決するためにメルマガに登録して、
悩みを解決するためにコンテンツを見て、
悩みを解決するために商品にお金を払っているわけです。

まあ、単純な娯楽の為にブログを見る人もいますが、
それは「楽しみたいという悩み」を解決するためと言えますね。

いずれにせよ、ポイントは「悩み」です。

極端な話、記事を読まずに悩みが解決できるのであれば、記事なんて必要ないわけです。
なので、あなたは何としてもブログに訪れた人の悩みを解決してあげる必要があるのです。

それができるブログは価値があり、それができないブログには価値がありません。

そして、そのことを理解していない人は、
とにかく凄いことをしようと思ったり、
技術力の高さをアピールしたりして、

ただの自己満足のブログになってしまうのです。

質の高いブログの作り方

悩みから逆算して考える

今の検索エンジンは、ブログ訪問者の動きを細かくチェックし、
ちゃんと訪問者の悩みを解決できるブログかどうかをかなり正確に判断することができます。

なので、記事を書くときは「悩み」から逆算することで、サイト訪問者が必要とする記事を書くことができます。

自分が悩んだ経験をそのまま利用する

これもとっても重要なことですが、
情報発信者として価値を提供する方法は、「相手の代わりに自分が困ってあげる」ことです。

ブログ訪問者は、何らかの悩みをか解決するためにあなたのブログに訪れるわけですから、
あなた自身がその悩みを経験して、それを克服しているのであれば、
その経験を元に記事にすれば、必然的に質の高い記事を作ることができるのです。

例えばこの記事も、
僕自身がブログを作ろうとしてリライト用の記事をたくさん購入して失敗した経験から、
質の高い記事を書かなければならないことを学び、

その失敗をもとにブログの作り方に関する悩みを解決する記事を書いているのです。

なので、実は失敗した経験もブログを作る上で非常に大切な要素です。

まとめ

今回は、ブログの記事を作る際に必ず押さえておいてほしい、
質の高い記事とは何かについて解説しました。
これらの考えを利用することで、
たとえ少ないアクセスでも大きく稼げるサイトを作ることができます。

今回解説した内容を踏まえたうえで
こちらの記事もチェックしてみてください。

僕が一般的なブログ(アドセンスブログのPV単価を1円とした場合)の10倍稼ぐブログを作った方法は、
こちらで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください↓