パワーサイトもサイトの量産も不要!少ないアクセスで大きく稼ぐブログの作り方

少ないアクセスでも稼げるブログ

こんにとは。いたるです。

ブログで稼ぐには、大きなアクセスが得られるパワーサイトを作るか、
アクセスの少ない記事を量産するかの2択で考えられていることが多いです。

ただ、これからブログで稼ぐのであれば目指してほしいのは、
少ないアクセスで大きく稼ぐブログです。

今回は、その様なブログを作るにはどうすればいいかについて話したいと思います。

パワーサイトを作る上での問題点

パワーサイトを作ろうとすること自体は全く問題ありませんが、
例えばアドセンスであれば、PV単価1円だとすると月収30万円稼ぐためには月間30万PVが必要になります。

それだけのモチベーションを維持するのは大変でほとんどが途中で挫折してしまうでしょう。
それよりも、アクセスは少なくでも稼げるサイトを目指したほうが、ブログはうまくいくことが多いです。

サイトを量産する上での問題点

よくアフィリエイトで稼ぐノウハウで、
質が低くてもいいからとにかくサイトを大量に作って稼ぐ方法が紹介されていたりしますが、

正直この方法はお勧めしません。

この方法では、今稼げたとしてもいずれ稼げなくなってしまう可能性が高いです。

なぜなら、このような質の低いサイトは、本来は検索エンジンに評価されるべきでないサイトであるため、
検索エンジンのアルゴリズムが進化すればするほどアクセス数がどんどん少なくなっていくことが考えられます。

僕は、ブログをやりたいけど記事のネタがないときに、
このようなサービスを目にしました。

それが、
「記事無料提供サービス!1000記事で1万円!なんと1記事たったの10円!
この記事をリライトしてブログを作れば記事のネタには困りません!」
というものだったのですが、

このようなサービスを購入して記事を作ったことがあるのですが、
どれだけ記事を書いてもほとんどアクセスがありませんでした。

それは当然で、
既に投稿されている記事の言葉を入れ替えただけのリライト記事でブログを作っても、
それでは全く評価されないサイトになってしまうのです。

無闇にそのようななサイトを作るのではなく、
しっかりと質の高いコンテンツがあり、長期的に評価され続けるサイトを作ることを目指すようにしてください。

少ないアクセスでも稼げるブログの条件

少ないアクセスでも稼げるブログを作るためには、
まずは質の高い記事を書くことが大前提です。
質の高い記事とは何かについてはこちらの記事を参考にしてください。

これを踏まえ、少ないアクセスでも稼げるブログの条件を紹介したいと思います

知識と経験のあるジャンルのブログを作る

まずブログを書く上で絶対に欠かせないもの、
それは「知識と経験」です。

よく失敗するパターンとして、知識だけを身に着けてブログを作ろうとしてしまうのですが、
それだと結局他のサイトの真似で終わってしまうので、

経験をもとにサイトを作ることが前提です。
そこに「実績」も伴っていれば信頼が増すので完璧ですね。

じゃあ何も特別な経験がない人はどうすればいいのかは僕のメルマガ等で解説しますので、
まずは、ブログ記事を書くには知識と経験がベースになることを覚えておいてください。

サイトに訪れた人をファンにできるブログ

サイトに訪れた人をいかにファンにできるかは、
大きく稼ぐブログを作る上でとても重要です。

ファン化するためには、プロフィールを充実させることや、
内容に一貫性のあるブログを作ることが大切になります。

そこまで大きな実績がなくても、
あなた自身に興味を持ってもらうことで、
あなたの書く記事に魅力を感じてもらえて

商品の成約率を上げることができます。

価値観教育が行えるメルマガへ誘導できるブログ

自分が紹介している商品を購入してもらうには、
「価値観教育」を行うことがとても大切です。

そして、この価値観教育を行うのに最も適した方法が、メルマガです。

自分のブログから、メルマガへ登録してもらい、
価値観教育をすることで、高額な商品であってもすんなりと購入してもらうことが可能です。

まとめ

今後は、パワーサイトをいきなり作ろうとしたり、無駄にサイトや記事を量産するのではなく、
少ないアクセスでも稼げるブログを作るべきで、

そのために抑えるポイントが、

ONE POINT!
1、あなたの経験を元に、質の高い記事を書く
2、ブログ内であなた自身に興味を持ってもらう。
3、そこからメルマガへ誘導して自分の価値観を伝える

と、このようなステップを踏むことで、少ないアクセスでも稼げるブログを作ることができます。

これからブログを始めるのであれば、単に記事を量産するのではなく、
このようなブログを作ることを目標にしていただきたいです。

「いやいや、僕は特別な知識や経験が全くないんですけど……」
という方は、こちらの記事をチェックしてください。