フリーターこそ成功できる時代に!起業準備をするなら正社員よりもバイトのほうが有利な理由

フリーターが起業しやすい理由

こんにちは、いたるです。

僕は、フリーターからビジネスの勉強をして
今は情報発信でお金尾を稼ぐことができています。

フリーターの人は、起業するなど考えもしない人がほとんどだと思いますが、
実際に起業の準備をするのであれば、正社員よりもフリーターのほうがうまくいきやすいです。

今回は、その理由について話したいと思います。

フリーターが起業しやすい理由

時間が作りやすい

まず、フリーターは正社員とは違い、残業がありません。

起業のための準備をしようと思っても、毎日夜中まで残業をしていては、
なかなか時間を作るのが難しいです。

バイトで生活に必要な額を稼げるようにシフトを調整すれば、
後は起業のためにたっぷり時間を費やすことができます。

職歴が一切関係しない

今やっている仕事が、実績として使えるのであれば別ですが、
基本的には、正社員の経験があろうが、働いた経験がなかろうが、
起業するのには関係ありません。

むしろ、「フリーターから起業」や「ニートから起業」のほうが
インパクトがあって注目を集められるくらいです。

今の時代は、学歴や職歴がなくても、
ゼロから実績作って起業することが可能なので、
「今から頑張っても遅い」と思わずに挑戦してほしいですね。

就業規則に縛られることがない

大抵の会社は規則で副業が禁止されていることが多いです。

今の時代、脱サラしてからいきなり起業するのではなく、
情報発信等である程度の収入を得て、稼げる見込みができてから
辞めることがほとんどです。

なので、会社にばれないように副業をする必要があります。
フリーターなら、副業でいくら稼ごうが問題ないので、
気にせず挑戦することができます。

ただ、僕自身はフリーターなのであまり気にしませんが、
サラリーマンが会社にばれずに副業をする方法は、ネットで探せばたくさん見つかるため、

サラリーマンだからと言って副業をあきらめる必要はありません。

フリーターが正社員よりも不利な点

ただ、フリーターだからいいことばかりではなく、
アルバイトは安定した収入が得られないデメリットがあります。

また、正社員と同じくらいのお金を稼ぐには、
正社員以上の時間を働かないと難しい場合もあります。

なので、フリーターは、生活が成り立つ収入額を把握し、
その範囲で起業の準備をする必要があります。

この「生活が成り立つ範囲で起業準備をする」というのは絶対条件であって、

お金がないのに、借金をしてまで起業をしようとしても、
結局生活に余裕が持てない状態では精神的にも追い詰められてしまい、
継続的に挑戦し続けるのが難しいです。

僕もお金に本当に困っていた時期がありましたが、
その時は何も行動する気力が持てなかったですね。

なので、生活のためのお金を確保できないのであれば、
フリーターであるメリットを生かすことができない
ので注意してください。

また、あまり長くフリーターでい続けることもデメリットがあるので、
「○○歳までに起業する!」といった具体的な目標を立てることをおすすめします。

まとめ

フリーターは、定職に就かずにダラダラと生きているというイメージを持たれがちですが、
「起業して自分の力で稼ぐ!」といった強い目標があれば、

正社員よりも成功する確率は高いといえるでしょう。

是非、時間を有効活用して、挑戦していただければと思います。

僕がゼロから知識、経験、実績を身に付け、
情報発信で稼ぐことができた方法は、こちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。