フリーターの自分が辞めたら店が困る?バイトを辞めたいのに辞められないときの対処法

バイトを辞めたいフリーター

いたるです。
僕は、長年同じ店でフリーターをしているのですが、
ある程度の期間同じバイトをしていると、
バイトを辞めたいけど辞めづらい……といった経験をしたことが一度はあるのではないでしょうか?

そこで、ベテランバイトの僕が、バイトを辞めたい時の考え方にどうすればいいのか説明したいと思います。

バイトを辞めるにはどうする?

バイトを辞めるのは実は簡単で、2週間以上前に店長などの責任者に「辞めます」と言うだけでOKです。
出来れば1か月以上前くらいには言った方が親切ではありますね。
ただ、あまりにも店のことを考えすぎても辞めづらくなってしまうので注意が必要です。

今辞められなければ、半年後はもっとやめられない

基本的にバイトというものは、長く働くほど求められることが多くなるので、
今自分が辞めたら困ると思っている人は、店に留まれば留まるほど責任が重くなり辞めづらくなってしまいます。

そして、いずれは社員とほぼ同等の責任を負わされてしまうハメになります。
そうなれば、簡単に辞めることはできなくなってしまいます。

「自分がいなくなったら困る」なんてウソ

長く同じ店で働いていると、
「自分が辞めたら店が大変なことになるのではないか」と思ってしまいがちですが、
確かに直後は困ると思いますが、バイトはすぐ代わりが現れますので、
過剰にそのようなことを考えるのはやめた方がいいです。

辞められて困るのは店にも問題あり

店側としては、長く働いていたバイトが辞めてしまうのは困る場合もあるでしょう。
バイトをやめるといったら、何とか阻止できないかと思っているかもしれません。

さらに、あなたがもし仕事の大変さや人間関係が原因で辞めようと思っている場合は、

「そんなのは甘えだ!」「そんなんじゃ社会に出で困るぞ!」

といった言葉をかけられるかもしれません。

ただ、あまりにその様なことを言ってくる店は、
そもそも店として問題があってなかなか人が集まらない、
次々と新人が辞めていくようなバイトの場合も多いです。

本来はバイトが働きやすい環境を作るべきにもかかわらず、
「根性のないバイトが悪い!」と責任を押し付けている店は、意外と多いです。

その様な店は、早めに見切りをつけることをおすすめします。

結局は自分がどうしたいかが重要

バイトをやめる際、周りにいろいろと言われることもあると思いますが、
最終的には「自分がどうしたいか」に尽きます。

誰かの言われた通りにバイトを続けたとしたら、
嫌なことがあった時につい八つ当たりしてしまいたくなり、どんどんマイナスな方向に向かってしまう可能性があります。

もし自分が決めて、新しいバイトでうまくいかなかったとしても、それは自分の責任なので納得することができると思います。

なかなか行動が起こせずに、ズルズルと仕事を続けてしまうことも多いと思いますが、
今の状況を変えたいと思っているなら、思い切って一歩を踏み出してみることをおすすめします。

もしあなたが今フリーターで、将来の展望が見えないのであれば、
就職するのではなく、雇われない生き方を目指してみるのはいかがでしょう?

僕は、25歳まで何も特別な経験や実績がないただのフリーターでしたが、
3年後の今は、情報発信者として収入を得ることができています。

もちろん、就職を考えることが悪いことではありませんが、
フリーターは、正社員よりも自由な時間も多く、副業をしても問題がないことが多いので、
雇われない生き方を目指すための準備をするには最適です。

そして、情報発信に必要な知識や経験、実績は、
ゼロからでも作ることが可能です。

詳しくは、こちらの記事で紹介しているので、
是非チェックしてみてください。