アドセンスブログで稼ぐのは非効率?クリック報酬型広告のメリットとデメリットを紹介

クリック報酬型広告

こんんちは。いたるです。

ブログに貼る広告で、アドセンス等のクリック報酬型広告を利用しているブログは多いですが、
クリック報酬型広告は本当に稼ぎやすいのでしょうか?そのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

クリック報酬型広告のメリット

購買意欲の低いユーザーでも報酬に結びつく

何か悩みを持っている人や、商品を探している人でなくても、
単純に広告をクリックされただけで報酬が発生されるため

特に何かを購入しようと思っていたり、何か悩みを解決しようとしている人でなくても、
興味を引く記事に誘導するだけで、報酬に結びつけることができます。

自分の好きなこと、得意なことを情報発信して、
単純にアクセスさえ集めれば稼げるのは、クリック報酬型広告の大きなメリットです。

商品を売り込む必要がない

ブログ内で商品を売り込む必要がないため
趣味ブログであっても、情報ブログであっても、
どんなブログでも収益化が可能になります。

そして、商品を紹介して購入まで誘導するためには、
文章の書き方や説得の仕方も重要になってくるのですが、
その様なスキルがなくても、単に広告を貼るだけで報酬が発生するため、

初心者がブログを始める際にもクリック報酬型広告はお勧めです。

クリック報酬型広告のデメリット

1PVあたりの単価が安い

クリック報酬型広告は、広告をクリックしただけで報酬が発生するため、
当然単価は安くなります。
単価が最も高いアドセンスの場合でも、1PVあたりの単価は1円程度になります。

なので、大きく稼ぐためには大量のアクセスが必要になります。

1PVあたりの単価を1円で計算すると、
月収30万円稼ぐためには月間30万PVのブログを作る必要があります。

月間30万PV越えは、相当人気のブログでなければ難しいため、
多くのブログで成功したい人が挫折してしまう原因になってしまっています。

検索ボリュームの少ないジャンルだと稼ぎにくい

そもそも自分のブログのジャンルがあまり検索されにくいジャンルだった場合、
その時点で稼ぐのは難しくなってしまいます。
アフィリエイトで高額な商品を紹介できるのであれば、
少ないアクセスでも大きな報酬額を狙うことも可能ですが、

クリック報酬型広告の場合は、検索ボリュームによってかなり不利な状況に立たされてしまうので注意して下さい。

クリック報酬型広告で稼ぐならアドセンス一択

クリック報酬型広告は、グーグルアドセンス以外にもいくつか存在しますが、、
どんなに単価のいい広告でも、報酬額はアドセンスの半分以下であることがほとんどです。

アドセンスは取得するためのブログの審査が年々厳しくなっていますが、
クリック報酬型広告で稼ぐなら、とにかくアドセンスを取得することを第一に考えるようにしましょう。

アドセンスで稼ぐのは非効率か

興味を引くような記事を沢山書くことができ、
多くのアクセスを集めることができるのであれば、
ジャンルによってはアドセンスで稼ぐのも全然アリです。

ただ、特に記事にできるような知識や経験がないのであれば、
稼ぎやすいジャンルの知識や経験、実績を新たに身に着けて情報発信したほうが、
何倍も成果が出るのは早い
です。

実際に僕は、その様な方法でブログを作ったことで、
全く得意なことがないただのフリーターの僕が、
PV単価が10円~20円の超高単価なブログを作ることができました。

なので、自分の目的を考えて、
どのようなブログを作ればいいのかしっかり考えた上で、実践することが大切です。

僕のブログでは、PV単価10円を超えるブログを知識、経験、実績ゼロから作る方法を紹介しているので、
是非参考にしてみてください