「オートLINE・オートFacebook」の使い方:シナリオ作成の一連の流れを分かりやすく解説

オートLINE・オートFacebookの一連の流れ

いたるです。

今回は、オートLINE・オートFacebookの
シナリオ作成の一連の流れを解説したいと思います。

オートLINE・オートFacebookは、さまざまな要素を組み合わせて1つのシナリオを作るため、
適当に作るとごちゃごちゃになってよく分からなくなってしまうため、

それぞれの機能のつながりが分かるように解説していきます。

オートLINE・オートFacebookの公式サイトはこちら↓

上のサイトから、次世代起業家育成セミナーに登録することで利用できるのですが、
僕経由で登録していただくと、「実際にこのブログで使用しているWordPressテーマの無料プレゼント」
など僕の特典付きでセミナーに無料登録できます。

⇒いたるの特典付きで無料登録する

オートLINE・オートFacebookの機能紹介

シナリオ作成

目的:LINE上での基本となるメッセージ
誘導:コンテンツページのリンクを貼ってそのページへ誘導
関連する要素:誘導先のコンテンツページ

解説:シナリオとは、LINEで行うチャット風のメッセージのことで、
LINEのメッセージの基本になります。

このシナリオ内で、情報発信をしてもいいのですが、
基本的には、コンテンツページへ移動してもらい、動画などのコンテンツを視聴してもらうことになります。

オートLINE・オートFacebookのシナリオ作成

この画像では、「1コンテンツ目」のシナリオに、

フィールドを挿入で「一コンテンツ目」のコンテンツページのタグを挿入しています

例)

シナリオ名:特典プレゼント

1通目(テキスト)

友達登録ありがとうございます!

約束の特典として○○の動画をお渡しします
こちらのリンクから受取ってください

リンク(フィールドを挿入で、次のコンテンツページのリンクを挿入)

これで、次のコンテンツページへ誘導します。

コンテンツページ

目的:動画などのコンテンツを提供する
誘導:登録フォームを入力し、完了ページへ誘導
関連する要素:コンテンツページ内に設置する登録フォーム

解説:このページは、動画などのメインコンテンツを提供します。
コンテンツページの最後に登録フォームを貼り、
動画を見た感想を送ってもらうことで、また次のコンテンツが送られてくる、
といった仕組みを作ります。

オートLINE・オートFacebookのコンテンツページ

この画像では、「1コンテンツ目」のコンテンツページに、

「1コンテンツ目」のフォームを挿入しています。

例)

お約束の特典、
「僕が月収10万円を達成した方法」の動画になります。

(動画貼り付け)

このコンテンツを見た感想を送ってください

(感想送付フォーム)

 

では、コンテンツページに設置する感想送付フォーム(登録フォーム)について詳しく見ていきましょう。

登録フォーム

目的:感想や、お客様情報の送信
誘導:完了ページへ誘導
関連する要素:送信後に誘導する完了ページ

解説:ここで、先ほど説明した感想送付などを行う登録フォームを設定できます。
ここでは、誘導する完了ページを決定します。

オートLINE・オートFacebookの登録フォーム

画像では、「1コンテンツ目」の登録フォームに、

デフォルト以外の完了ページを利用するを選び、「一コンテンツ目」の完了ページを設定しています。

完了ページ

目的:送信完了のお知らせ、
誘導:今のシナリオを解除し、次のシナリオへ誘導する
関連する要素:登録解除計測タグ

解説:この完了ページは、ただ登録を完了したお知らせだけではなく、
今のシナリオを解除し、次に見てもらいたいシナリオへ誘導する役割を持っています。

この仕組みにより、コンテンツを見て感想を送ると、次のコンテンツが送られてくる……といった
仕組みを作ることができるのです。

オートLINE・オートFacebookの完了ページ

この画像では、「1コンテンツ目」の完了ページに、

2コンテンツ目のシナリオを[登録]し、1コンテンツ目のシナリオを[解除する]登録解除計測タグを挿入しています。

登録解除計測タグ

目的:完了ページでどのシナリオを解除し、どのシナリオへ誘導するかを設定する
誘導:設定したシナリオ先へ誘導する
関連する要素:解除するシナリオ(今まで進めてきたシナリオ)と登録するシナリオ(次に進めるシナリオ)

解説:完了ページで解除するシナリオと、次に誘導するシナリオを設定するには、こちらの登録解除計測タグを利用します。

オートLINE・オートFacebookの登録解除計測タグ

この画像では、1コンテンツ目の次に誘導する「2コンテンツ目」の登録解除計測タグに、

2コンテンツ目を[登録]して1コンテンツ目を[解除する]設定をしています。

 

そして誘導先のシナリオで、また次のコンテンツのリンクを貼る……

というのが一連の流れになります。

シナリオ作成例

では試しに、まず特典をプレゼントし、
その後に1コンテンツ目、2コンテンツ目、3コンテンツ目とコンテンツと提供するシナリオを作っていきます。

1、シナリオ作成

まず4つのシナリオを作ります。
(コンテンツページのリンクは最後に挿入します)

・特典プレゼント
・1コンテンツ目
・2コンテンツ目
・3コンテンツ目

2、登録解除計測タグ

次に、シナリオを進める順番に合わせて、登録解除計測タグを設定ます。

・特典プレゼント(登録:1コンテンツ目 解除:特典プレゼント)
・1コンテンツ目(登録:2コンテンツ目 解除:1コンテンツ目)
・2コンテンツ目(登録:3コンテンツ目 解除:2コンテンツ目)
・3コンテンツ目……

3、完了ページ

次にそれぞれの完了ページを作り、
ページ内に該当する登録解除計測タグを貼ります。

・特典プレゼント(登録解除計測タグ:特典プレゼント)
・1コンテンツ目(登録解除計測タグ:1コンテンツ目)
・2コンテンツ目(登録解除計測タグ:2コンテンツ目)
・3コンテンツ目……

4、登録フォーム

コンテンツページに貼る登録フォームを作成します。
それぞれ、誘導したい完了ページを設定します。

・特典プレゼント(完了ページ:特典プレゼント)
・1コンテンツ目(完了ページ:1コンテンツ目)
・2コンテンツ目(完了ページ:2コンテンツ目)
・3コンテンツ目……

5、コンテンツページ

メインコンテンツを作成します。
コンテンツページの最後に登録フォームを貼ります。

(価値観教育のための最も重要なページになるので、
最初にコンテンツページを作ってしまい、
その後に他の要素を作るのもアリです)

・特典プレゼント(登録フォーム:特典プレゼント)
・1コンテンツ目(登録フォーム:1コンテンツ目)
・2コンテンツ目(登録フォーム:2コンテンツ目)
・3コンテンツ目……

最後に、最初に作ったシナリオに、
コンテンツページのURLを貼り付け、工事中を稼働中にし、保存を押せば完了です。

シナリオ作成の注意点

注意点としては、シナリオからコンテンツページへ誘導し、登録フォームから完了ページへ誘導し、
登録解除計測タグにより次のシナリオへ……

一連の流れで使用するそれぞれの要素に同じ名前を付けておくことです。

これをバラバラにすると設定するときに訳が分からなくなってしまうので、

特典という名前のシナリオから、特典という名前のコンテンツページへ誘導し、
特典という名前のフォームから、特典という名前の完了ページへ行き、
特典という名前の登録解除計測タグで特典という名前のシナリオを解除し、1コンテンツ目のシナリオを登録する

そして、1コンテンツ目という名前のシナリオでは、1コンテンツ目という名前のコンテンツページへ……

という流れでシナリオを作っていきます。

まとめ

オートLINE・オートFacebookは、直感的な操作で簡単にステップ配信ができるツールですが、
それぞれの要素の役割を理解していないと、難しく感じてしまうかもしれません。

今回解説した、それぞれの要素を理解したうえで、シナリオを作成するようにしてください。