アクセス解析も簡単!オートSNSのコンテンツページで友達登録ページを作るメリット

オートSNSのアクセス解析

こんにちは。いたるです。

オートSNSのコンテンツページは、
コンテンツを見てもらう役割以外に、友達登録用のページを作る役割もあります。

別にコンテンツページで友達登録用ページを作らなくても、
ブログに直接QRコードを貼ればそれで登録用ページになるのですが、

あえてコンテンツページで作るメリットもあります。

今回は、コンテンツページ作った友達登録ページで利用できる便利な機能について解説したいと思います。

コンテンツページで友達登録ページを作るメリット

1、ページごとに異なるシナリオへ登録できる

コンテンツページで友達登録ページを作ると、
登録したページごとに異なるシナリオへ誘導することができます。

これはこちらの記事で詳しく解説しています↓

これから解説するアクセス解析の方法も、この記事を見てからの方が分かりやすいため、
一度目を通しておいてください。

2、友達登録ページのアクセス解析が簡単に出来る

実は、コンテンツページにはページごとの閲覧数や登録率を分析するための
ページステータス」機能があります。

このページステータスの解析機能には、

Check!

ユニーク数: ページを訪れたユーザーの数
表示回数: ページの表示回数
登録数: 友達登録した人数
有効期限切数: ページに期限を設定した場合、期限切れになった数
登録率: ユーザーが登録した割合

と、これだけの機能があります。
これらを活用することで、より登録率を高める戦略が簡単に立てられるようになります。

ページステータスの活用方法

ブログ記事ごと、集客媒体ごとに登録率を解析する

特定の記事や集客媒体で極端に登録率が低い場合は、
記事の内容が登録ページの内容と合ってなく、うまく誘導できていない可能性があります。

例えば、Twitterからの集客で登録率が低い場合はその登録ページの内容を変更するなど、
登録率が低い媒体を狙い撃ちした対策が取れます。

登録ページを複数パターン作りテストする

登録ページは、直接リストの獲得に関わる、重要なページなので、できれば複数作ってテストをすることが望ましいです。

テストの方法は、一定期間ごとにページのURLを変え、最も登録率が高いページを選ぶという方法です。

もし登録率が5%から10%になれば、単純計算で収益は2倍になるわけですから、
このようなテストが簡単に出来る解析機能は、直接収益アップにつながる非常に便利な機能だと言えます。

ページステータスを設置してアクセスを解析する方法

では、具体的なページステータスの設置方法について解説していきます。
といっても、この機能の設置は非常に簡単です。

なぜなら、コンテンツページごとに登録ページを作ろうと思ったら、
自動でページステータスの機能も付いてくるからです。

まずは、友達登録用ページを作成します。
コンテンツページで新規作成をクリック

コンテンツ新規作成

コンテンツページを友達登録用のページにするには、
「あなたのフォロワーと特定できる場合のみ見られるようにしますか?」
で「いいえ特定できなくても見られるようにします」を選びます。

これで、友達登録者限定のコンテンツページではなく、
通常の登録ページとして機能するようになります。

友達以外でも見られるように

するとページステータスというブロックが出現します。

これで、ページごとのアクセス解析が可能になります。

めっちゃ簡単ですね!

ONE POINT!

注意点として、ページステータスは自分がプレビュー画面にアクセスしただけでもカウントされてしまうので、
ページが完成したら「複製」ボタンをクリックして同じページを複製し、そのページURLをブログ等に貼ってください。
複製元のページは削除してしまって構いません。

まとめ

このような直感的に登録率が把握できる機能は、
上手に活用することで、リストの取得率が大幅に改善できる可能性もあります。

オートSNSを使うのであれば絶対に活用してほしいですね。